前へ
次へ

債務整理の中で一番大きなものが自己破産です

債務整理の自己破産は裁判所にそれを申し立てることによって成立する画期的な仕組みです。
自己破産の仕組みをよく知らない人たちは、借金を繰り返して返済ができなくなると、覚悟を決めて命を絶つ人たちも続出してきました。
こういう事態を重く見たのが裁判所です。
借金を重ねたといえども、生きる権利まで失くしたわけではありません。
最終的な債務整理の手段として自己破産の申し立てを裁判所に申し立てることで、命を落とさずに人間として暮らすことも可能になったというわけです。
とはいえその前段階として、自分の所持している財産を全部処分しなければなりません。
自分の所持している財産とはいったいどのようなものなのでしょうか。
それは例えば自家用車だったりします。
それから所有している土地建物も含まれます。
自己破産をする前にはそれらのすべてを競売にかけて現金にしなければなりません。
そして得られた現金を債権者に返済するのです。
債権者に可能な限り返済するという礼を尽くすことで、裁判所から最後に免責手続きがなされるという仕組みです。

Page Top