前へ
次へ

債務整理はいくつかの種類がある

借金が多くなり返済できない場合は、債務整理をして借金を減額したり債務自体をなくしてしまうことが可能です。
そうなると返済金額も減り今までよりも楽に返済する事ができるので借金で苦しい生活から解放される可能性があります。
任意整理や個人再生は利息を減額するものであり債務自体は残りますが自己破産だと金融業者に対しての債務がなくなります。
どの債務整理を選ぶかは、弁護士などと相談して決めていくのがおすすめです。
基本的に減額したら返済できるのであれば任意整理や個人再生がおすすめで、減額してもとてもじゃないけど返済できないような場合だと自己破産がおすすめです。
債務がなくなる自己破産は一見メリットが大きいですが、クレジットカードやショッピングローンなどの審査が約7年から10年ぐらい通らないです。
任意整理や個人再生だと約5年ぐらいなので将来的に早く金融サービスを利用したいのであれば個人再生や任意整理の方がメリットがあります。
どちらにしても債務整理は最終手段であり出来る限り自力で返済していきます。

Page Top