前へ
次へ

債務整理に向いている人

債務整理は、法律事務所に相談するケースが多いようです。
債務いわゆる借金ですが、多重債務者のなかには、返済できない・元金が減らない、こうした状況からどうしたらいいのか分からずに放置してしまいがちです。
結果、消費者金融などから督促状が届き、返済に迫られ、不動産を売却することになるケースもあります。
法律事務所に相談する目安となるのは、50万円以上の借金で長期間悩んでいる方です。
債務整理の種類では、任意整理があります。
借金返済に苦しむ消費者の救済制度です。
もちろん、向き・不向きがあり、借金がなくなったとしても、借金癖が残るならば不向きです。
しかし、債務整理は必要書類も少なくて、何よりも家族の給与明細書、会社の退職金証明書などが不要ですから、中高年でもスッキリ問題を解決できます。
通常ならば、本人確認書類、収入証明書、財産に関する書類も必要です。
さらに、現在の生活状況も聞かれることもありますし、本質的問題の借金に関することも話す必要がありますから、そうしたことも話せる人が向いています。

Page Top