前へ
次へ

債務整理で不動産を失いたくないとき

借金をするのには理由があり、返済できない状態が負のスパイラル状態になるとどんどん借金が増えてしまいます。
最初に借りた時は何とか返せる額でも、それがたまってくるととても返せない金額になるときもあります。
返せないのが分かっていて放置するのは良くなく、法律事務所に相談をして債務整理をすることを考えましょう。
それによって借金そのものを無くしたり減らした理が可能になります。
それぞれの人に適した方法の中から選ぶ必要があります。
債務整理の中でも比較的よく知られているのが自己破産で、借金額が大きい時にそれを一気に無くせるメリットがあります。
一から人生をやり直したいと考えるなら利用すべきと言えるでしょう。
しかし資産をすべて売却して現金化する必要があり、不動産を持っていればそれも売却しなければいけません。
保有している不動産を売却したくないのであれば個人再生と呼ばれる方法を取るのが良さそうです。
こちらであれば住宅などの不動産を売却しなくても大幅に借金を減らせます。

Page Top